×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウィークリーマンション、皆さん活用してますか?様々なシーンでウィークリーマンションは活用できます。上手に活用したいものです。

ウィークリーマンションとは

 

ウィークリーマンションと言う名前は聞いた事がある方は多いと思いますが利用した事がありますか?ウィークリーマンションがどういうものか知らない人にとっては「7日間以上から日割りで利用できる家具付の部屋」と考えると分かりやすいでしょう。

 

 

 

家具や家電があらかじめ用意されているので自分の住まいのように自由に気兼ねなく使えるというところが魅力です。チェックイン、チェックアウトがないので到着時間も出発時間も気にしなくてよく、いちいち人に会うわずらわしさもありません。

 

 

 

手軽さの反面、ホテルや旅館と違って、至れり尽くせりの環境やサービスではなく、ロビーやカウンターサービスが無いのが普通です。また、ホテルと違って申込時に身分証明書が必要な場合やカードを使えない場合もありますので事前に確認する必要があります。

 

 

 

費用は地域や部屋によっても違いがありますが、ワンルームで5,000円位が目安になります。もちろんそれ以下の金額で提供しているところもありますのでホームページで色々比較検討すると良いでしょう。長期滞在型ですので金額設定も抑えているのが特徴です。
メリットや活用法

 

ウィークリーマンションとは週単位で利用できる家具付賃貸マンション・アパートのことです。最低利用日数は7日間ですが、それ以上の滞在は日割りで利用できます。出張、研修、受験などで1週間以上の長期滞在をしなければならないが、費用を抑えたいという人たちに人気です。

 

 

 

まずウィークリーマンションのすごさは、生活に必要なテレビ、ビデオ、洗濯機、冷蔵庫、家具などが最初から用意されていると言うことです。つまり利用するその日から生活をするのに困らないように準備されているのです。必要なモノをかばんに入れて持って行きさえすればいい。それが人気の理由の一つです。

 

 

 

ホテルや旅館との違いは、一般賃貸の部屋を使用しているため、フロントやロビーなど至れり尽くせりの環境やサービスは期待で出来ない点です。また、申込時に身分証明書が必要な場合や、クレジットカードを使えない場合もありますので事前に確認する必要があります。

 

 

 

利用料金は長期滞在のニーズを満たすために料金体系もホテルより低く設定されているのが特徴です。地域や部屋のタイプによって千差万別ですが、ワンルームで一日あたり4,000円から7,000円です。地域によっては3,000円台というのもあります。
ホテルや旅館と違う料金体系

 

ウィークリーマンションは、1週間以上の出張や研修、受験で滞在をしなければいけないけど、費用を抑えたいという人にとても人気があります。1週間以上といっても、8日目からは日割り計算もできるので、自分の予定に合わせて利用することが可能です。

 

 

 

長期滞在を考えて、生活に必要な備品がテレビ・ビデオから、冷蔵庫・洗濯機、食器類まで用意されていますので、カバン1つで行っても、その日からいつも通りの生活が出来ます。泊まっているというよりは住んでいる感覚で気軽に利用出来ます。

 

 

 

あくまでも先ほどの説明にあったように、一般賃貸の部屋に家具や家電が備わったものがウィークリーマンションなので、ホテルや旅館と違って至れり尽くせりの環境やサービスではありません。ロビーやカウンターサービスが無く、カードを使えない場合もありますので事前に確認する必要があります。

 

 

 

気になるのは、ウィークリーマンションの金額でしょう。これは地域や部屋のタイプによって変わってきますが、一般的にワンルームなら1日に5000 円ぐらいとなっています。基本的にはホテルに比べて金額を抑えられているようです。利便性によっても金額が変わってくるので、費用を抑えたい人は滞在場所を変えて比較してみるといいでしょう。